スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

坂の上の雲のまち

2009/08/09(Sun) 23:29
しまなみ海道 2008/11

多分 15時くらいに松山到着~

坂の上の雲ミュージアムへ



「1番好きな小説は??」 って聞かれたら

まず間違いなく 「坂の上の雲」 って答えるくらいウチに欠かせへん本


ほんで 「歴史上の人物で最も尊敬する人は??」 と聞かれたら

(他にもいるけど 1人だけやとしたら)

「秋山真之


物語は 正岡子規、秋山好古・真之兄弟の三人の人生をたどりながら

「近代国家」の仲間入りをしようとした明治の日本を描いています



単に歴史をみるだけじゃなくて、その時代の世界の人々の生き方とか

日本人の純粋さ、まっすぐさに強烈に感動できる作品

読み始めは なかなか進まへんくて まだまだ先がある。。。

って 挫折しそうになるんやけど (ウチも大学の時は挫折。。。)

2巻目くらいから 入り込んでしまって止められへんくらるくらい

社会人になってから 3回読んだけど、毎度 電車で涙しかけるし



PICT0010_convert_20090726081630.jpg

今 本屋さんで売ってる表紙は より、オシャレです




このミュージアム

拝観料400円やねんけど

1200円でも 人いっぱい入るんちゃうっていうくらい内容がスゴイ

明治の精神を感じられる空間がつまってた

設計も安藤忠雄やし ステキ

秋くらいに もう一回いけたら行きたいなぁ~って思ったり

閉館までいたケド 時間全然足りひんかったんやもん




ほんで ナホチャンとご飯食べた後、

千と千尋の道後温泉へ


DSC_0796_convert_20090719174524.jpg

お風呂、めちゃめちゃ混んでて 霊の湯、神の湯 2Fも待ちやったから

神の湯 階下(300円) しか入れへんかった

ちょっと残念

でも お風呂は気持ち良かったよ



DSC_0792_convert_20090719174447.jpg
商店街入り口



CSC_0823_convert_20090719173654.jpg
坊ちゃんカラクリ時計


DSC_0818_convert_20090719174546.jpg
パンダかわいぃ




チャリやし 自分との戦いだけになりそうな旅やなぁって思ってたけど

ナホチャンっていう かっこいい生き方をした女の子に出遭って

すごい刺激させられた2日間になったし めちゃ濃くって楽しかった


そんなナホチャンは 9月から南米取材で旅立ちます

どうか気をつけて いろんなことを経験して 

帰ってきたら また笑って いろんな話をしたいね



                          おしまい

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。