スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

レンピッカ展

2010/06/19(Sat) 11:54
今日の出来事

ちょっと前にレンピッカ展に行ってきました。

その日しかお互いの都合があいそうになかったので

体調不良だったにもかかわらず

兵庫県立美術館まで行ったから

超しんどくて、やっぱ無理しーひんのが1番やなぁと

身に沁みて思いました。

しかも見るとこイッパイありすぎなんやもん!


私には京都の こじんまりした美術館があっているようです。



DSC00045.jpg


今回の看板とも言えるこの絵は娘キゼットがモデルやって

DSC00039.jpg

タマラ・ド・レンピッカの写真もあったけど

女優さんなみにキレイな人でした!


タマラの生い立ちやねんけど

ワルシャワで生まれ、スイスの学校に通って

サンクトペテルブルグでレンピッキ伯爵と18歳で結婚。

ロシア革命で夫が投獄されたからフィンランドに亡命して

夫の出獄に成功後パリに定住。

ナチの脅威を逃れるために、夫とともにアメリカに亡命

ハリウッドからニューヨークに引っ越し

大戦終了後、初めての外国旅行。
以後、アメリカ国内、フランス、イタリア、メキシコ、キューバを旅する。

そしてメキシコのクエルナバカで82歳で死去。

遺志に従い遺灰はポポカテペトル山の火口付近に撒かれた。


なんかすごい世界を飛び回ってんなぁと思った。

亡命とか大変やったんやろうけど

いろんなトコに行くのが合ってたんやろうなぁ。




DSC00042.jpg



DSC00043.jpg

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。